ミケ子

今日はミケ子のお話

 

 

 

 

ミケ子は、たぶん1歳半か2歳くらいだと思います

昨年の夏くらいまではこの辺では見かけませんでした

でも体はしろ男と変わらない大きさで、猫じゃらしでよく遊ぶので

まだ若いのじゃないかと思っての予想です。

最初は、しろ男のお城に来てるなんて気づきませんでした

なんかおかしいな~と思ったのは、しろ男の御飯の減り方です

しろ男はすずがいなくなってから、食欲が落ち、あげたご飯をいつも残していました

でも、秋口から綺麗に食べるようになり、あ~きっとこれから寒くなるから

脂肪をためるのにたくさん食べるんだな・・・くらいにしか思っていませんでした

なにせ、ボスに3か月、入り口を見破られてなかったので

思いもよりませんでした。

で、あまりにもきれいにご飯が無くなっているので、

しろ男足りないかな~と思いたくさんあげてみると

それでも、綺麗に食べつくされています。

さすがに一週間もすると変だな~と気づきました・・・

で、暗闇に目を凝らしてみると

いましたよ、遠くで目だけ光らしてこちらをうかがっていました

くらくてよくみえませんでしたが、しろ男にご飯をあげた後

少しして家の窓からのぞいてみると、まあ~

残念なお顔でしろ男のご飯を食べていました(笑)

しろ男といえば、少し離れたところで、

ゆっくり食べなよ~と言わんばかりに明後日のほうを向き

顔をあらっておりました(汗)

で今日に至るわけですが、まあ、ミケ子がきてからの

しろ男といえば、楽しそうであります、毎日ウキウキしています。

すずが生きてた頃を思い出したのでしょうか?

ともねこは思い出してちょっとほろっときてしまいました。

なのでもう完全にしろ男のお城の住人になり

今では、ともねこが帰宅すると一番前で出迎えてくれるミケ子です

 

 

おお~こうやって見るとミケ子美人じゃないですか!?

 

 

追記

 

今日も見張りに励んでます

 

 

目つぶってるけど・・・

 

 

広告

2件のコメント

まだまだ

福島の原発避難区域にはまだまだたくさんの動物たちが

取り残されています

その数は何千匹にのぼるそうです。

日々、動物愛護団体の方が保護に尽力されています。

ともねこも、自分の中で風化させないよう

応援してる団体さんのブログは

毎日、拝見させていただき感謝し、

後方支援しかできませんが、支援させてもらっています。

チョコ、モモ、をはじめ

しろ男、ミケ子、ちび男、さっちゃん、

どの子も、ともねこにとってかけがえのない存在です。

今も、保護されずお腹をすかせさまよってる子たちと重ね合わせると

とてもじっとしてはいられません。

いまも、ペットを探してる方はたくさんいます。

どうか、早く家族のもとに帰れますように

完全封鎖する前に、そういう子たちを助けてほしいと思います・・・

にゃんだーガードさんを応援しています

にゃんことバーベキュー

 

 

 

 

 

コメントする

安全地帯?

最近、ともねこがしゃがむと、股の間に陣取るちび男です

 

 

ここは安全だと思っているのでしょうか・・・

わかんないよ~案外ともねこが一番あぶないかもよ(笑)

とか、考えてみていたら、何かを感じたらしい・・・

 

 

 

なっなによっ・・・

 

 

あっ逃げた・・・(笑)

 

今日は、ちび男の爪が、ともねこに2か所ヒット(涙)

まだまだ加減が効きません。これからですね、今は動くもの

なんでも、爪が出ますね~

しろ男も昔そうでした、今じゃ、遊んでる時に

思わず出てしまう時以外は

目薬さそうが、何しようがされるがままのしろ男です。

 

腹筋でもしてんの?

 

 

 

コメントする